不動産をインターネットで探す

不動産をインターネットで探す

不動産売買や賃借の契約について

不動産売買や賃借の契約について、その概要や仲介手数料、最近の不動産取引動向などを交え、説明いたします。中古マンションや中古一戸建ての住宅を売買する際や、賃貸物件を借りたり、貸したりする場合においては一般的に不動産会社に依頼してその相手方を見つけ、売買契約や賃貸借契約を結ぶという流れになっています。この際に不動産会社には仲介手数料が発生し、物件を売買する相手や賃借物件の借主や貸主の片方や双方から手数料を受領できるという仕組みになっています。売買と賃借でそれぞれ法定の手数料の上限は決められていますが、この手数料には不動産会社が円滑に取引を進めるための報酬が含まれているという要素があります。

最近の不動産関連の取引においては不動産会社に仲介してもらうことなく、直接売買の売主と買主、貸主と借主を結びつけようとするサービスが注目されています。このような取引においては、不動産会社が介在しないため各種手数料が不要となるため、特に不動産の売買においては相当な費用削減が実現可能になります。しかしリスクとしては買主が住宅ローンを利用する際の手続を自身でする必要があったり、他人同士の場合の物件を安全に引渡しするために所有権移転登記の手配や抵当権が設定している場合の抹消の手続きなども当事者同士でする必要があるため、トラブルになる可能性が高くなることがあります。このように、不動産会社に仲介を依頼することには様々なメリットがあることを認識しておきましょう。

Copyright (C)2017不動産をインターネットで探す.All rights reserved.